【解説】スペイン巡礼って何?

スペイン巡礼

スポンサーリンク

スペイン巡礼とは

巡礼者

スペイン巡礼とは、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂を目指して、その道を進むこと。

移動手段は徒歩はもちろんのこと、バスや自転車でも構いません。

いわば、四国遍路のスペインです。

四国遍路での御朱印の様に、巡礼中に押したクレデンシャル(巡礼者用パスポート)のスタンプが巡礼をした証になります。

現在の巡礼はキリスト教徒以外にも門戸が開かれているので、信仰する宗教に制限はありません。

観光が目的の人も多く、世界各国から大勢の人がやって来ます。知名度が上がるにつれて、日本人の巡礼者も増えてきました。

お遍路さんとの比較

四国遍路
  • 88箇所のお寺を巡る
  • 納経帳に御朱印を集める
  • 目的地へのルートは1つ
  • 遍路宿に泊まる
スペイン巡礼
  • サンティアゴ大聖堂を目指す
  • クレデンシャル(巡礼者用パスポート)にスタンプを集める
  • 目的地へのルートは多数
  • アルベルゲ(巡礼者向けの宿)に泊まる

違いはあれど、結構似てますよね。

スペイン巡礼の名称

  • スペイン巡礼
  • カミーノ
  • カミーノ巡礼
  • カミーノ・デ・サンティアゴ
  • サンティアゴ巡礼

色々ありますが、これらは全て同じ意味で使われています。

cominoカミーノは日本語で“”。

巡礼はサンティアゴ大聖堂に向かって進むので、cominoカミーノ de santiagoサンティアゴ とも呼ばれます。

※様々な名称がありますが、当ブログでは“スペイン巡礼”を使用しています。

スポンサーリンク

目指す場所

スペイン巡礼のゴールは、スペインのガリシア州にあるサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂

地下に聖ヤコブ(イエス・キリストの12使徒の1人)のお墓があるとされ、ローマやエルサレムと並びキリスト教の3大聖地の1つです。

スポンサーリンク

ルート

  • フランス人の道
  • ル・ピュイの道
  • ポルトガルの道
  • 北の道 

スペイン巡礼には上記以外にも様々なルートがあり、それぞれ必要な日数や難易度が違います。どの道を選んでも構いません。

また、サンティアゴ大聖堂までの道を100km以上歩くと巡礼証明書が貰えます。

そのため、100km手前のスペインの街Sarriaサリアから出発する人も多数。

Sarriaからならサンティアゴ大聖堂に4,5日で到着できるので、スケジュールに限りがある人に人気のルートです。

フランス人の道

フランス人の道は、数多くあるルートの中でも特に人気。初めてのスペイン巡礼に選ぶ人が多いルートです。

フランス人の道の基本情報
特徴
  • 世界遺産に登録されている
  • スペインを横断できる
  • 宿や食事する場所がたくさんある
  • 黄色の矢印(大聖堂までの案内表示)が多く道に迷いづらい
  • わりかし治安が良い
  • 人気のあまり近年は巡礼者が過密傾向

 


他のルートについて興味のある方は、こちらからどうぞ。

スペイン巡礼の宿

アルベルゲの基本情報
  • 受付時にクレデンシャル(巡礼者用パスポート)が必要
  • 大体1泊10ユーロから20ユーロ/1人
  • 相部屋
  • 1つの部屋に複数の2段ベッド
  • 持参した寝袋で寝る
  • バス・トイレ共同
  • 自炊可能なキッチン付き

巡礼中は多くの場合、ルート上のアルベルゲに泊まります。

アルベルゲとは、巡礼者を受け入れる宿のこと。スペイン巡礼において欠かせない存在です。

私営や公営、教会が運営している寄付制の所など様々なタイプのアルベルゲがあります。

1つの町に複数ある場合も多く、どのアルベルゲを選ぶかも巡礼の楽しみのひとつです。

もちろん、個室がよければホテルやペンションに泊まることも可能。予算や体調を考慮しながら、選択できるので安心です。

もっと知りたい方は

調べる

スペイン巡礼について更に詳しく知りたい方には、日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会がおすすめです。

巡礼の歴史からルートの説明まで何でも載っています。

このサイトから、カラフルで素敵な日本版のクレデンシャル(有料)を手に入れることもできますよ。

スペイン巡礼に興味を持たれた方は、ぜひ一度訪れてみてください。

 


スペイン巡礼を題材にした作品もあります。おすすめの3作品はここに載せました。

まとめ

スペイン巡礼について簡単に解説しました。

実際に巡礼路を歩かれた世界中の方々が、ブログYouTubeなどにその様子をアップされています。

気になった方は、検索してみてはいかがでしょうか。

管理人
管理人

私はフランス人の道を歩く予定。今からとても楽しみです。

コメント